アクセスしていただけている皆様へ新年明けましておめでとうございます。
平成最後で新元号が始まる年がスタートした。もう恒例になった二日の新年会。またお孫ちゃんと凧揚げに榎本牧場へ繰り出した。
家に帰っての楽しい新年会で、お孫ちゃんたちは食べるのもそこそこにキューバで買ったタクシー貯金箱に貯めた500円玉が幾ら貯まっているかに興味津々。
秋から始めたが、結果は10枚づつ数えて15列に。4人のお孫ちゃん20枚づつプレゼントして、子供のいない次女とかみさんにも同額を手渡しみんなニッコリ。
現役で働いている間は、楽しみの一つとして続けていきたいものだ。








刻一刻と変化するマニラ湾の夕陽。沈む太陽と茜色に染まる空と海。ドラマチックな光景に感動を覚える。
さすが「世界三大夕陽」の一つと呼ばれるだけのことはある。
平成30年も今日が最後。アクセスしていただいた皆様に感謝するとともに、ご多幸をお祈り致します。来年も素晴らしい年でありますように。
ありがとうございました。









マニラ旧市街に建つバロック様式のサン・アグスチン教会。アジアにおけるカトリック教会としては最大の規模を誇る。フィリピンを統治したスペインの文化も色濃く反映されいるが、これもフィリピンの歴史の一旦。






今宵は、クリスマスイブ。雪の降らない南の国でも、クリスマスは一大イベント。華やかな飾りが雰囲気を盛り上げていた。ベトナム・フィリピンにて。










ハノイ観光で欠かせない一つに「タンロン水上人形劇」がある。イチジクの木で作った愛らしい人形を操り、農民の暮らしや竜の昔話などが水上でコミカルに演じられる。




ベトナムと言えば,麺のフォーと女性が着るアオザイをイメージする人が多いし、お土産としても人気はあるが、街中ではそれを着ている女性はなかなか見当たらない。
女子高校生の制服はアオザイだそうだが、お土産以外はパーティでの着用やレストランの従業員の制服などに使用されているようだ。